スパーリングのルール

スパーリングは、キックボクシングルールで行います。

基本的にライトスパーリングなので大体80%くらいの力で攻撃してください。

ただし、相手の力量に合わせて、加減して下さい。

「もう少し軽くお願いします。」とか、

「もっと強くても大丈夫です。」とか、

「ガチでやりましょう!」など、

お互い合意の上で、楽しくスパーリングをしてください。

 

【禁止技】

基本的なキックボクシングの禁止技に加え、以下の技を禁止しております。

・肘打ち

・顔面膝蹴り 膝パットをしてない人はボディなど一切の膝蹴り禁止。

・投げ技も多少は有りですが、危険な投げ技は禁止です。

 

スパーリング中に相手が板の間に出たり、他にスパーリングをしている選手に当たりそうな時は一旦、攻撃を止め、空いている場所に移動してから再開するようにしてください。

 

また、攻撃をもらって感情的なスパーリングになってしまうような人は、その場で参加をご遠慮させて頂きますので、ご了承ください。

 

みなさんの怪我を防止するための最低限のルールです。

必ず遵守してください。

スパーリングのために必要な道具

ボクシンググローブ

– 16オンスグローブ –

パンチによるダメージを最小限に防ぐため、16オンスのグローブを使用してください。

レガース

– レッグガード –

できるだけ、布製では無く、ウレタン製のものをご利用下さい。

マウスピース

– マウスピース –

市販のものでは無く、できるだけ歯科医で作成してもらって下さい。
自分にぴったりフィットしていないマウスピースは、呼吸もしづらく、外れやすいので、お勧めできません。

膝パッド

– 膝パッド –

スパーリングにおいて、顔面への膝は禁止ですが、膝パッドが無い場合は、ボディなど一切の膝蹴りが禁止となります。

ノーファウルカップ

ノーファールカップ

スパーリングの中断を防ぐためにも、ノーファールカップは、できるだけ付けて下さい。

 

 

この他、ヘッドギアなど、各自で必要と思われるものをご持参下さい。
基本的に、貸し出しはしておりません。